モデル TMP190


Lion PrecisionのモデルTMP190は温度センサとエンコーダまたはインデックス信号の入力ができるモジュールです。

温度センサとして7チャンネルのサーミスタが付属されます。温度センサは3mのケーブル長で、センサ自身のマグネットで対象に取り付けることできます。

回転体を測定する際に1周期を判別するインデックスセンサまたはエンコーダ信号の入力モジュールとしても使用することができます。組み合わせたエンクロージャのコネクタにより、LabVIEW™やスピンドルエラーアナライザーソフトウェアで出力を得ることができます。

 

カタログダウンロード

静電容量型変位センサ
.pdf
Download PDF • 3.43MB
 

特長

■温度センサとして7チャンネルのサーミスタが付属

■サーミスタはマグネットタイプにより取付けが容易

■スピンドルエラーアナライザ用のインデックスおよびエンコーダ信号入力が可能

■LabVIEW™やスピンドルエラーアナライザソフトウェアとの併用が可能

■変位モジュールとの組合せにより、変位と温度の同時計測が可能


主な仕様

■精度:±1.0℃ @4℃– 82℃

■出力電圧:±10VDC

■測定レンジ:4℃-82℃

■センサ互換誤差:±0.1℃


温度センサ



h-gb03.png

その他製品一覧

Other Products